« 判例とは? | トップページ | 地震雲 »

官報

Nozokineko

合格者の名前が載った官報が出ましたね。
パソコンで見ました。
自分の名前を探してしまいました。
それも食い入るように。
でも、見つからなかったです。
ま、当然ですが(笑)。

時折、知った名前に出くわしますね。
おめでとうございます。
来年は、ボクのことを祝福してください。

そして、受験生のみなさん! 僕と一緒に祝福されましょう!

« 判例とは? | トップページ | 地震雲 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ツカドンさん、こんにちは。
ツカドンさんのブログには猫がよく出てくるのですが、
ツカドンさんは猫を飼われているのでしょうか。
というか、おそらく飼われているんですよね。
パソコンの前にいるくらいだから。

語尾の件、私もいまいち理解していませんでした。
勉強になりました。

よちよちさん、こんばんは。
そして、コメント、どうもありがとうございます。
いえいえ、家に猫はいませんよ。
この画像だって、どっかで拾った奴ですから。
著作権侵害?
うーん、法律は良く分からんです。
ちなみにボクは、御察しの通りに猫好きです。
家に猫がいたこともありました。

ツカドンさん
こんにちは。
Cゼミ創業メンバーのKenといえばわかるでしょうか。

ところで、先日のPCT国内段階移行の問題ですが、
「審査請求」の根拠条文は、
やはり48条の3ではないでしょうか。
184条の17は、出願審査の請求の「時期の制限」
についての規定で、条文は
「経過後でなければ~できない。」となっています。
よって、「出願審査の請求をすることができる」
と規定している、48条の3の方が適しているように思えます。
いかがでしょうか。

つかどんさん。
こんにちわ。
いつも御世話になっています。
昨日バイトの帰りに書店に行って論文の答案構成に関する
本を読んでいました。
結構参考になるものがあったので、少しイメージは、出て
きました。
過去問の徹底攻略・テンプレートのアウトプットで今後勉強をやっていこうと思います。
来年の論文答錬に合わせて、年内に戦える力を養うつもりです。
今後とも宜しくお願いいたします。
来年一緒に合格したいので。

Kenさん

コメント、どうもありがとうございます。

具体的にどうコメントたのか、ちょっと覚えてないんでうろ覚えモードになりますが。
ボクとしては、根拠条文としては、48条の3と184条の17の双方の記載が必要になると考えました。
つまり、出願審査請求自体の根拠条文として48条の3を、
そして、当該出願が国際特許出願であることから制限がかかることの根拠条文として184条の17を
記載してほしかったわけです。
ところが、48条の3だけしか記載してない人が多かったんです。
そのため、
「48条の3しか挙がっていません。
当該出願は国際特許出願なので、時期的制限がかかります。
184条の17も挙げてください。」
みたいなコメントを沢山書いた記憶があります。
ただ、結構な量を採点してコメントを書いたので、誤解を与えるミスをしでかした可能性はあります。
なにぶん、生まれて初めての採点なので。

松ちゃんさん

勉強、ご苦労様です。
頑張ってるようですね。
ある程度進んだら、答練を受けることをお薦めします。
客観的な自分の位置を知るのは大切なので。

それでは。

つかどんさん。
コメント有難うございます。
今日のバイトは、昨日の忙しさが嘘のように暇です。
つかどんさんは、今頃は、採点でもされているんでしょうか。
答錬は、受けます。
来年1月からの答錬で、代々木と早稲田両方受けようか
と考えています。
今は戦える力をつけるため、論文過去問とテンプレートの
演習をやっています。
昨日帰りにLECに行って、法文集と短答アドバンスを購入
してきました。
合格者のブログとか拝見していると、答案構成は、問題文から
自分のテンプレートに近いものを探し、問題文から必要な
項目を上げて答案構成している方が多いみたいなので、
自分も真似をしてみようと思います。
これからも宜しくお願いいたします。
来年は一緒に官報に名前載りたいです。

つかどんのブログは面白い!
昨日から家にインターネットが繋がったから早速チェックしております(笑)

年末には帰るから飲みに行こう♪

久しぶりに飲めるね。
凄く楽しみだよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/176542/4292670

この記事へのトラックバック一覧です: 官報:

« 判例とは? | トップページ | 地震雲 »