« 田村善之先生 | トップページ | 語尾 »

明細書

最近、参考までに明細書を読んでます。
機械なら割と理解できそうです。
ただ、図面がないと難しいですね。
わざと曖昧に書いてるんで、ちょっと官能小説みたいです(下ネタ、すいません)。

そう言えば、昔のアメリカでは、機械の発明の場合、図面ではなくミニチュア模型を提出しなきゃいけなかったとか。
じゃないと、審査官が理解できないからだそうです。
スミソニアン博物館には、リンカーンが特許出願した船の模型が展示されてます。
リンカーンは、歴代アメリカ大統領で唯一の特許権ホルダーです。
今でも模型の提出が必須なら、ボクは結構なアドバンテージをゲットできますね。
結構手先は器用なんで。
無味乾燥な明細書ですが、探せば色んなトリビアがあるかもしれません。

しかし、明細書を読める イコール 明細書を書けるじゃないですね。
誰だって漫画を読めますが、漫画を描ける人は希ですから。

« 田村善之先生 | トップページ | 語尾 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

つかどんさんへ:
こんにちわ。
バイト先から書込みしています。
そうですか。やはりゼミ等に入って見せて貰わないと
厳しいみたいですね。
LECの再現試験答案も調べてみたいと思います。
つかどんさんの優秀答案是非拝見したかったです。
つかどんさんの論文は、想像ですが、コンパクトに纏って
いるんだろうなと想像しています。
つかどんさんみたいな論文どうしたら書けるんだろうと
バイトしながら考えていました。
今日も帰って論文過去問やろうと思います。
今日は参考答案を自分なりに要約して書くことに挑戦してみようかなと考えています。
一緒に合格したので、必死です。
これからも是非宜しくお願いいたします。

コメント、どうもです。
アルバイト、ご苦労様です。

過去問に関する良い教材ですが、他にもありました。
「受験新報」誌です。
9号では、正林先生が座談会形式で平成17年度の問題を検討しています。
11号では、平成17年度の過去問の検討が特集されています。
20号では、吉田先生が今年の問題を座談会形式で検討しています。
これらは結構役に立ちます。
また、17,18号の正林先生の論文試験対策特集も、かなり使えます。
1冊900円なので安いです。
早稲田セミナーの書店とかで立読もできます。
しかし、正林先生には、意外とお世話になってますね。

ちなみにボクの答案は、優秀答案ではなかったです。
確かにコンパクトでしたが。
ただ、不合格にならないよう気を配りました。
ホームランを撃つより、ヒットでコンスタントに稼ぐ方が大切なんです。

ではでは。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/176542/4250610

この記事へのトラックバック一覧です: 明細書:

« 田村善之先生 | トップページ | 語尾 »