« 口述とミイラ | トップページ | ツカドン語 »

何となく就活

今は就活の真似をしてます。
無職なんでニートです。
ニートとは、「Not in Education, Employment or Training」の略を言います。
弁理士受験をtrainingと考えれば、浪人時代のツカドンはニートではなくニーでした。
ですので、意識不明の重体で臨死状態ながらも、ギリギリセーフでした。
しかし、今は受験も終了したので、バリバリのニートで即死状態です。
そう、合格という華々しさとは裏腹に、実はツカドンはニートデビューを果たしていたんですね。
光あるところ影あり、です。
しかし、です。
ツカドンが就職すれば、最低ランクの弁理士になります。
けど、今のままなら、一応は国家資格に9割以上の確率でパスしてるんで、最強のニートなのです。
発想の転換ですね。
嬉しくないのが、たまに傷です。

« 口述とミイラ | トップページ | ツカドン語 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/176542/4050165

この記事へのトラックバック一覧です: 何となく就活:

« 口述とミイラ | トップページ | ツカドン語 »