« 余計な一言に気をつけて | トップページ | 魔女の宅急便 »

文系はつらいよ

就活してると、文系出身はネックですね。
機械や技術は好きなんですが、うーん。
でも、ちばてつやは、ボクシングのルールを知らなくても、あの名作「あしたのジョー」を描きました。
行けるかも!
けど、手塚治虫が「ブラックジャック」を描けたのは、やっぱ医大出身だからでしょうね。やっぱ、無理か。
自問自答の毎日であります。

« 余計な一言に気をつけて | トップページ | 魔女の宅急便 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

つかどんさん。
こんにちわ。
文系は、大変ですよね。解ります。
僕の先輩が言ってましたが、理系じゃないと駄目だという事務所は
三流だと。
つかどんさんは、機械分野をやりたいんですよね。
僕みたいな若輩者が言うのは失礼ですが、自分はこれだけの知識
があるとアピールしたらどうでしょうか?
僕の今のバイトは、コンピュータ関係ですが、未経験でも僕は、サーバー
関係ならこのくらいの知識があるとかアピールしました。
応援していますので、頑張ってください。
昨日は、3通全文書きしました。
つかどんさんが、弁理士の星になれることを期待しています。
ファイトです。
僕も頑張りますので、またアドバイス宜しくお願いいたします。

べ、弁理士の星ですか!
巨人の星みたいですね(笑)。

そう言えば、ある弁理士と面接したときの話ですが。
模型が趣味で、図面を描いて艦船模型を製作したことがある、と言ったんです。
そしたら、妙に興味を持って、色々と聞いてくるんですね。
ボクは、てっきり「こういう場所で趣味の話を持ち出すのは、ちと拙かったかな。」と思ったんです。
けど、後々調べてみたら、その人は造船技術者出身で、水流実験のための船舶模型を製作してたらしいことが分かって。
こういう線でアピールしていくんだ、と学びました。
採用にはなりませんでしたが。

でも、正直、揺らいでいます。
「商標系の仕事なら取ってあげるよ。」とも言われるんで。

松ちゃんさんも頑張ってください。
励まし、どうもありがとうございます。

釈迦に念仏ですが・・・

①面接先の事務所・企業の得意分野等の状況を面接前に調べる。
(面接の場で事務所の特徴を聞いていては遅い)
②その状況ならどんなことで困っているか仮説を立てる。
③自分ではたいしたことないと思っていても、
世間水準からは、一歩だけでも抜きん出ている
自分の強みは何かを認識する。
④面接の場で、さりげなく仮説を投げかける。
⑤仮説が当たった場合、自分の強みは、その困っていることに
どう役立つかを語る。
というのも、効果あると思います。

僕は、この業界で英語が話せる人は多くないと予想し、
英語と営業で培った交渉力を強みとアピールしてました。
結局、英語のしゃべれる外国語担当者が辞める事務所に
採用してもらいました。

でも、結局一番重要なことは、「数多く当たる」ことだと思います。
多く当たる中で、自分のアピールポイントも磨かれるし、
諦めなければ、熱意も増加していきます。

内定を2つも3つも取る必要はなく、たった1つだけ見つかれば良いのです。
100社(所)当たれば、1つはあるはずです。
まだ、100社当たってないなら100社当たってから、悩みましょう。
(もう、100社当たっていたら・・・ 合宿で飲みながら考えよう)
頑張れ。僕も試験を頑張る。

元R社の求人広告営業担当より。

具体的なアドバイス、どうもありがとうございます。
就活措置レジュメの参考にします。
冗談なしで、本当にそういうレジュメを作ってるので。
100社ですか。
まだ20社ちょっとなんで、悩むには早いですね。
得意分野云々は、あまり注意せずにアタックしてました。
いずれにせよ、合宿では飲みましょう。
ボクは全日参加の予定なんで。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/176542/4512265

この記事へのトラックバック一覧です: 文系はつらいよ:

« 余計な一言に気をつけて | トップページ | 魔女の宅急便 »