無料ブログはココログ

ツカドンの仲間たち

« 文系はつらいよ | トップページ | なお書き »

魔女の宅急便

英語の勉強のため、「魔女の宅急便」のDVDを英語で見てます。
で、感想なんですが。
単純に台詞を吹き替えてるだけじゃないんですね。
音楽も相当アレンジされてます。
オリジナルではサントラなしのシーンでも、音楽を入れてるんです。
邦画やヨーロッパ映画は音楽の入ってないシーンが多く、それがメリハリになってたりします。
けど、ハリウッド映画では、常に音楽か台詞が流れており、観客を飽きさせない仕組みになってます。
その違いを思い知ることができました。

ちなみに、肝心のヒアリングの方ですが。
聞き取ることもできます!
好きな映画なんで、完全に台詞を覚えちゃってるんですよね(笑)。
あまし意味がないかも・・・。

« 文系はつらいよ | トップページ | なお書き »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「魔女の宅急便」は一度ビデオで見たきりなのですが、
「ルージュの伝言」も英語なのでしょうか。。。
 
あと、ここで突然、質問があるのですが、
ブログで歌詞の引用はどの程度までが許容範囲なのでしょうか?

最初と最後の音楽は、洋楽に置き換えられてました。
あれ、映画の顔ですからね。
結構、イメージが変わります。

それと、歌詞の引用ですが、建前上は著作権法32条の定めるところに従い認められます。
ケース・バイ・ケースです。
ただ、音楽については、JASRAC等の監視の目がきつく、引用は避けた方が無難でしょう。

つかどんさん。
こんにちわ。
英語の勉強されているんですね。
『魔女の宅急便』とは、宮崎アニメのファンですか?
僕は、トトロが一番好きです。
確かにリスニングの勉強には良いかもしれませんね。
僕は、よく洋楽がきくので、もしお好きでしたら・・
僕は、クラプトンのファンです。
昨日も勉強で、全文書きをしていました。
習慣になりつつあります。

こんにちは。
宮崎アニメは好きですよ。
DVDも揃えてます。
ちなみに、「魔女の宅急便」よりも「となりのトトロ」の方が好きです。
でも、英語の勉強には、やはり「魔女の宅急便」でしょう。
「となりのトトロ」は、日本の原風景を映し出してるんで、気分が乗らないんですよ。
「紅の豚」は、低く太い声で聞き取りにくいし。
「天空の城 ラピュタ」は、活劇で五月蠅いんで勉強になりません。
結果として「魔女の宅急便」に落ち着きました。
それと、音楽はあまり聴かないんです。
全文書き、凄いですね。
ただ、論文の場合、書いた後が重要です。
書きっぱなしはいけません。
答練を受けるのがベストですよ。
お互い頑張りましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/176542/4525164

この記事へのトラックバック一覧です: 魔女の宅急便:

« 文系はつらいよ | トップページ | なお書き »