無料ブログはココログ

ツカドンの仲間たち

« 受験雑誌 | トップページ | 「最強の資格」 朝日新聞社 »

意匠法問題案@某私ゼミ

昼飯を食いながら考えました
意匠法の改正がらみで考えてる出題です。
ですので、某私ゼミの面々は見ちゃダメッ!
問題と解答はコメント欄に書いといたんで、読みたくない人はここでストップです。
さてと、忘れないうちに書いておきますか。

« 受験雑誌 | トップページ | 「最強の資格」 朝日新聞社 »

弁理士試験」カテゴリの記事

コメント

問題1

甲は、意匠Aを出願し、その後に意匠Bを出願した。
そして、後日、意匠Cも出願した。
意匠AB、BCは類似するが、ACは非類似であるとする。
意匠ABCが有効に意匠登録される場合について述べよ。

問題2

甲は、パリ条約同盟国Xに、意匠Dを出願した。
後日、甲は、日本において意匠Eを出願した。
意匠DEは類似し、甲は有効にパリ条約上の優先権を主張できるとする。
意匠DEが有効に意匠登録される場合について述べよ。

問題1ですが、場合分けが必要です。
意匠ABが同日出願の場合は、意匠ABのいずれかを本意匠とし、意匠AB残りのうちの1つと意匠Cを関連意匠にします。
つまり、補正で対処できます。
意匠ABが異日出願の場合は、まず意匠Aの出願を取下します。
そして、意匠Aを出願しなおして、意匠Bを本意匠とする関連意匠にします。
同日出願と異日出願の場合分けに気づくかがポイントです。

問題2ですが、これも場合分けが必要です。
意匠Eの審査が係属中なら、意匠DEを関連意匠とする出願をします。
パリ優先権を主張する場合は意匠Dを、主張しない場合は意匠Eを本意匠とします。
意匠Dが登録されてるなら、パリ優先権を主張して意匠Aを出願します。
意匠Eの出願は、パリ優先権の主張を伴う意匠Dの出願に対し先願の地位を持たないので、意匠Dは有効に登録されます。
また、10条1項は無効理由ではないので、意匠Dの登録は有効です。

なお、上記いずれの場合も、回答に際しては3条等の一般的登録要件を記載しなければなりません。
原則から例外へ、です。
問題2ですが、意匠Eの出願の時点で、意匠Dの出願が公開されていないこと等の条件を用いて新規性のアテハメをしてください。
記載量は多くなるはずです。
ですので、上記2問+改正趣旨を問う一行問題のセットで出題すれば、丁度良いボリュームになるかと思います。
二重記載防止などの受験テクニックも必要ですね。

こんな感じであってるでしょうか?
ちょっと自信がないんで、みなさまのアドバイスをお願いします。

つかどんさん。
こんにちわ。
意匠の問題拝見しました。
いい問題ですね。
意匠は、過去問も出願のバリエーションの問題多いですね。
僕も今日帰って考えてみたいと思います。
また昨日の記事ですが、僕も法学書院ファンです。
一応論文書いて出しています。
明日から冬将軍が来るみたいです。
お体大事にして下さい。
また色々アドバイス宜しくお願いいたします。

問題2ですが、意匠のパリ優の場合、「類似」ではパリ4条Bの効果は出ないように思うのですが、どうでしょうか?

こんばんは。
さっき、帰宅しました。

松ちゃんさん

冬将軍ですか!
となると雪ですね、やっぱり。
ボクは雪が好きなんですよ。
ファーストメモリーが雪なんで。
法学書院の添削教室は結構お薦めです。
色々と頑張ってるじゃないですか。
その意気ですよ。

FMさん

ええ、間違ってます?
ちょっと再検討してみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 受験雑誌 | トップページ | 「最強の資格」 朝日新聞社 »