無料ブログはココログ

ツカドンの仲間たち

« ロケーション | トップページ | 特許法9条と14条 »

新試験制度再考

先日、新制度下での択一新規合格は難しくなると書きましたが。
冷静に考えると、今と大して変わらないかもしれません。
今でも択一合格者の大半は、前年度の論文受験者が占めています。
特許庁も、そのような実態があるからこそ、択一免除制度を採用したのでしょう。

論文試験も大幅なレベルアップはないでしょう。
直前期まで集中するといっても、その分、スタートダッシュが遅れます。
むしろ、択一がない分、ダレるんじゃないでしょうか?
口述再受験生も結構ダレてます。
それに、択一の勉強って、なんだかんだ言って論文の勉強に役立ちますからね。

ただ、口述は難しくなるでしょう。
だって、論文合格で、以後、2年は論文免除ですよ。
つーことは、合格率が6,7割になる可能性もあるし、2度不合格者も増加するはずです。

合格者の人数が今と変わらない場合、難易度はあまり上がらないのではないでしょうか?

« ロケーション | トップページ | 特許法9条と14条 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロケーション | トップページ | 特許法9条と14条 »