« 同一性保持権 その3 | トップページ | 属地主義 »

ガンプラと著作権

ガンプラの完成品が、ヤフーオークションで130万円で落札されたそうです。
ちなみに、元キットの定価は7000円です。
確かに超絶技巧の素晴らしい完成品でした。
でも、著作権法的に考えると、ちょっと危険な気がします。

中古のガンプラを売っても、消尽により著作権侵害はありません。
でも、この130万円のガンプラですが、徹底的に改造してあり、原型をとどめていません。
ほとんど再生産の域です。

それに、製作者が超絶テクニックなモデラーであることは事実ですが、ガンダムというキャラクターに利用しなければ、これだけの額にはならなかったでしょう。
つまり、製作者は、他人の著作物にフリーライドしているわけです。

ネットの世界では、ファン活動に関する限り、著作権はうるさく問わないという暗黙の了解がある一面もあります。
ボクもガンプラの完成品画像をブログに掲載していますし。
けど、多額の金銭が絡んでくると、話は変わってくるかもしれません。
話が変な方向へ進まなければ良いのですが。

« 同一性保持権 その3 | トップページ | 属地主義 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 同一性保持権 その3 | トップページ | 属地主義 »