無料ブログはココログ

ツカドンの仲間たち

« 「同意」と「承諾」 | トップページ | ちょっと意地悪な口述自作問題 »

宝の持ち腐れ

所長から色んな論点を聞かれました。
全てにちゃんと答えました。
すると所長は「うん、うん。」と感心しながらも、あきれ気味に
「色々と知識はあるのに、仕事に生かせてないんだよなー。」
と仰っていました。
まー、そーでしょーね(汗)。
いくらHなビデオを見ても、プレイボーイにはなれませんから(下品!)。
しかし、宝の持ち腐れとは、まさにこーゆーことです。
慣れるしかありませんね。
愚直に進みたいと思います。

« 「同意」と「承諾」 | トップページ | ちょっと意地悪な口述自作問題 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ(^^
知識は、経験がないと生かすことは出来ないですもんね。
でも、ない知識はどうにもならないので、知識のあるツカドンさんは
「金の卵or原石」
といったところでしょうか(´∀`
これからも、がんばってください!(お前がな!と自分に言いつつ・・・

 ツカドンさん、久しぶりです(^^)。

 論点の知識(おそらく、基本書の内容についてだと思いますが)は、残念ながら、普段の明細書作成ではほとんど使わないと思います。

 しかし、ごくまれに、突発的に論点の知識を使うときが出てきます。なので、この突発的な事態に備えて、論点という刀を普段から研いでおくことが大事だと思います。私も、出張先で、知財部の方から唐突に質問されて、答えられなかったことがあります。
 とはいえ、合格した後に、基本書読みあさるのは、なかなか難しいかも・・。

 ちなみに、事務系の仕事だと、共有がらみで民法の勉強が必要になるみたいです。うちの事務所では、所長が時々民法に基づいて共有がらみの問題を処理していますよ。


だみさん、こんにちは。
原石ですが、磨かないと輝きませんね。
これからお互いに頑張りましょう。

よちよちさん、お久しぶりです。
論点の知識が必要とされる場面は、まさによちよちさんの御指摘の通り、お客さまから質問される場合です。
また、ボクの場合、法律関係の仕事をしている友人から、よく知財の質問を受けます。
まだ最終合格していなくてもこれだけ質問されるんだから、弁理士である以上、何にでも回答できなければいけませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「同意」と「承諾」 | トップページ | ちょっと意地悪な口述自作問題 »