« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

カモメ

Kamome
これ、不忍池公園の風景なんですよ。
東京のど真ん中だというのにカモメで一杯です。
カモの餌を狙って、わざわざ都心まで飛来するそうです。
カモメって港町を演出するからロマンチックだという人もいますが、実際は白いカラスです。
何とかしてほしいですね。

包袋禁反言と意識的除外論と出願経過参酌の抗弁と・・・

平成11年の特実の論文問題です。
侵害訴訟で、特許権者が無効審判で主張した事実と矛盾するような主張をすることは許されるのでしょうか?
許されませんね。
では、これを何と言うのでしょうか?
包袋禁反言?
出願経過参酌?
ちょっと抵抗があります。
だって、これらの理屈は、侵害訴訟において、特許権者が出願の過程で主張した事実と矛盾するような主張をすることは許さないとする理論です。
ここには、無効審判と出願の過程という違いがあります。
ボクは受験生時代にこの問題を何度も解いたし、また受験生仲間の論文を沢山見てきました。
また、某私ゼミの講師として、2年連続でこの過去問を出題しました。
ところが、ほとんどの人が深く考えずに包袋禁反言や出願経過参酌という言葉を使用しているのです。
これは結構リスキーだと思うのですが・・・。
判決文や論文を読むと、
「無効審判手続は、特許権の生成の手続とは異なる性質を有する面もあるが、手続過程において出願人等がした主張と矛盾する主張を侵害訴訟で行うことができないという信義誠実の原則ないし出願経過禁反言の原則は、同様に妥当するものと解して差し支えない」
といった具合にワンクッションを入れています。
しかし、その一方で、この言葉の違いを意識していない学者や実務家もいたりします。
ボク1人だけが深く考えすぎているだけかもしれませんが、リスクを回避するためにも、普通に禁反言の法理という言葉を使用した方が無難かもしれません。

意匠法29条の2の疑問

■まずは問題です
1、甲、全体意匠Aを出願するも、3条1項3号違反で拒絶。
2、乙、部分意匠aを出願、登録になる。
3、乙、全体意匠Aを実施している甲を侵害で訴える。
この場合、甲は29条の2の通常実施権を有するのでしょうか?
答えはNoですね。
全体意匠Aと部分意匠aとは非類似だから、29条の2 第1号に反します。
これは平成14年度の論文でも出されたネタです。
■疑問
ただ、ここで疑問が。
普通に考えれば、この場合、通常実施権の成立を認めても良さそうです。
先使用権(29条)の場合は、全体意匠vs部分意匠の局面でも、権利の成立が認められています。
また、受験機関のレジュメを読むと、「29条の2の趣旨に鑑み、類推適用により権利の成立を認めると解するのが妥当である。」と書かれているケースもあります(ちなみにこの解釈ですが、元ネタとして裁判例や学者の書いた論文はあるのでしょうか? 今まで見たことがないのですが・・・)。
立法者は何を考えて、このような規定ぶりにしたのでしょうか?
たまたま、こーなっちゃったとか?
■公知意匠の抗弁?
ちなみに受験生時代のボクは、この場合、29条の2の通常実施権が認められなくても公知意匠の抗弁を主張できるから、実際には特に問題がないと教わりました。
でも、だったら、どうして29条の2を制定したのでしょうか?
公知意匠の抗弁の場合、イ号品が公知意匠と同一又は類似であればそれだけで侵害を回避できます。
しかし、29条の2の場合、イ号品が公知意匠と同一又は類似である以外にも、そのイ号品と同一の意匠を出願していたこと等、色んな要件を要求します。
つまり、わざわざ侵害不成立の要件を厳しく設定しているのです。
ここで、さらに謎が深まった記憶があります。
公知意匠の抗弁は、判例実務上は確立された理論ではないので、敢えて29条の2を新設する意味があったのかもしれません。
■大人の結論
まー、あまり深入りする論点ではないでしょうね。
深入りは合格にとって毒ですし、また、実務でも29条の2はあまり問題にならないので。
でも、気になるんだよなー・・・。

登録料

先日の話です。
仕事をしていたら、経理の人がお金を持って来たんです。
で、みんなの前で、大きな声で「16万円です」とか言うんです。
初給料@新事務所がたったの16万円!
これではコンビニのバイトと変わりません。
・・・と思ったら、弁理士の登録料でした(笑)。
いやー、すいません。
貰うことしか考えていないんで。
しかし、いざ払うとなると、16万円って大金ですね。

■■よ、さらば!

Aa_3   
試験委員の発表がありましたね。
あいつがいません!
ただ、第2、第3の■■は確実に存在するでしょう。
■■の前にもドヒーッ!って感じの人がいたと言いますし。
試験委員の自薦は止めて欲しいですね。

新人研修の課題

さてと・・・
新人研修の課題、どーしましょー・・・?
見れば結構な量です。
去年の合格者に聞いたところ、提出は義務ではなく、修了とは関係ないとのこと。
提出率も50パーセント前後だとか。
おまけに下手に提出すると講義中に指されるそうです。
聞けば聞くほど出すのが嫌になります。
あと10日です。
本当に悩みますねー・・・。

最後の祝賀会

昨日は19会の祝賀会でした。
こうやって集まると、何か感慨深いものがありますね。
毎週土曜日の勉強会は本当に辛かったです。
でも、もうあの勉強会がないとなると、嬉しいやら寂しいやら複雑な気分であります。
当時は理不尽さに打ちのめされ落ち込んでいましたが、今振り返ると良い思い出です。
年齢、性別、職場も違い、決して交わることのなかったはずの人たちが口述不合格をきっかけにここまで絆を深め合ったのも、何かの縁です。
歴代口述ゼミOBの皆様方並びに19会メンバーの方々、これからもよろしくお願いします。

世界は狭いよ

アメリカの現地代理人から貰ったレターを読みました。
名前を見ると日本人です。
さらに見ると、知っている方です。
祝賀会でお話をした記憶があります。
さらにまた記憶を掘り起こすと、ボクの父がアメリカに出張した際にお世話になった人でもありました。
ボクの父も知財関係の仕事をしているので。
この業界って本当に狭いですね。

TOEIC公式

TOEICの公式問題集を解いてみました。
結果はヒアリング84点、リーディング66点。
予想されるスコアは630点から730点でした。
任天堂DS以外の勉強をしていないことを考えると、結構良い感じです。
TOIECは試験テクニックが非常に有効だとか。
今度は試験テクニックについて書かれた本を読んでみるつもりです。
さて、3月までに、どの程度伸びるでしょうか?

規範定立とアテハメ

受験生のみなさんは、論文を書くとき、規範定立とアテハメは別々にやっていますか?
それとも同時ですか?
ボクは同時派でした。
試験時間も紙幅も有限です。
それに最近の試験の傾向は、論点超大盛りです。
別々に記載する余裕なんかないと思うのですが。
例えばパリ条約の優先権の主張で規範定立とアテハメを別々に行えば、時間切れは必至でしょう。
実を言うと、某私ゼミで「いきなりアテハメは拙いですよね?」と質問されたので。
「いきなりアテハメは手抜きと誤解されるから危ない。」という人も、中にはいるようです。
さて、どっちがメジャーなのでしょう?

音声商標・臭い商標

音声や臭いの商標が、改正事項として取り沙汰されているそうです。
音声商標としては、ハーレーのエンジン音が有名ですね。
出願するときは音声データを添付するのでしょう。
じゃあ、臭いの商標は?
袋に詰めて持参?
つーか、類否判断はどうするの?
もしかしたら、商標系弁理士にとって、臭気判定士の資格を取得することが必須になるかもしれませんね。

エンゲル係数

新しい勤務先ですが、都心にあるんです。
だから、物価が高い!
900円が最低ライン!
1200円とか普通です。
前は500円でランチが食えたのに。
まー、食費分は給料が上がっているので、良しとしますか。
でも、やっぱ高いよなー・・・。

不当利得返還請求権

侵害系の問題で、不当利得返還請求権(703条、704条)って記載する必要があるのでしょうか?
先日、某私ゼミで侵害系の問題を出したところ、みなさん結構記載するんです。
損害賠償請求権(民法709条)の場合、損害額の算定(102条)や過失の推定(103条)があるので、特許法と地続きです。
けど、不当利得返還請求権に関する特別規定は、特許法にはありません。
ですので、別に記載する必要はないと思うのですが・・・。
ただ、侵害系のレジュメには、必ず項目の1つとして不当利得返還請求権が載ってたりします。
これ、吉藤本の受け売りですよね。
例えば「不当利得返還請求権は、一般の債権と同様に10年で時効消滅するので、損害賠償を請求できない場合に、不当利得返還請求をすることは有効である。」云々の記載は、吉藤本そのまんまですから。
吉藤本が絶版になって久しい今となっては、特に記載する必要はないと思うのですが・・・。

続・英語の勉強

TOEICのリーディングの試験時間ですが、1時間15分だったなんて知らなかったです。
リスニング1時間、リーディング1時間で合計2時間と勘違いしていました。
道理で時間が足りないわけです。
とにかくテストの形式に慣れないといけませんね。
新人研修のeラーニングもあるし、結構忙しくなりそうです。

英語の勉強

R0011307

「新TOEICテストスーパー模試600問」(アルク)という本を買ってきました。
予想スコアが730点!
時間切れで最後の25問を解答できなかったのに。
英語は、任天堂DSの「もっと英語漬け」と「TOEIC TEST DSトレーニング」でしか勉強していません。
マジ?
ネットで調べると、換算表の信用性は眉唾モノみたいだし。
本番も巧く行けば良いと思うのですが。

行け、ソフィテル! 忌まわしき記憶と共に!!

R0011304

ソフィテル東京ですが、すっかり消えました・・・。

あけましておめでとうございます

みなさん、あけましておめでとうございます。
ボクはノロウィルスの直撃を受け、寝たきりのノロ正月です。
某私ゼミの合宿をドタキャンしてしまい、ゼミ員の皆様には本当にご迷惑をかけてしまいました。
誠にもうしわけありません。
しかし、正月がこれだと、本年も波乱含みの予感ですね。
みなさんも、ノロウィルスにはくれぐれも注意してください。

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »