無料ブログはココログ

ツカドンの仲間たち

« どうもありがとうございます | トップページ | 刺青 »

侵害罪

最近、特許権侵害罪について議論したんですよ。
議論の主なテーマは、以下の通りです。

テーマ1
特許権者以外の第三者が、何らの正当権原なしに特許発明を実施した。
しかし、その第三者は、自らが実施している発明が特許発明の技術的範囲には属していないと思い込んでいた。
この場合、この第三者について特許権侵害罪は成立するか?

テーマ2
特許権者以外の第三者が、何らの正当権原なしに特許発明を実施した。
そして、その第三者は、自らが実施している発明が、特許発明の技術的範囲に属していることを認識していた。
しかし、この第三者は、その特許発明には無効理由が存すると思い込んでいた。
この場合、この第三者について特許権侵害罪は成立するか?

テーマ3
特許権侵害罪に関して、均等論の適用はあるのか?

テーマ1とテーマ2は、刑法を勉強した人間には分かると思いますが、実は非常に難しいケースなんです。
違法性の錯誤といって、法律を勉強する人が最初にぶつかる壁なんですね。
久しぶりに刑法総論の本を読み返したのですが、相変わらず難しいです。
タヌキ・ムジナ事件とムササビ・モマ事件は、今でも納得できない判例ですね。

また、テーマ3ですが、特許権侵害罪における均等論の適用は、罪刑法定主義の関係で問題になります。
これまた難しい論点です。
つーか、この論点に言及した論文はボクが知る限りでは皆無でして、一介の弁理士には重すぎるテーマと言えるでしょう。
ちなみに今回の議論の場では、特許権侵害罪においては、均等論の適用は類推適用になる場合が多いだろうという結論になりました。

しかし、今回の議論で痛感したのは、
「知財の専門家は存在する。
刑法の専門家も存在する。
しかし、知財と刑法を知り尽くした専門家は存在しない。」
という事実です。
議論の場には弁理士と法曹三者の双方が同席したのですが、
法曹三者は「知財は良く分からないんだよなー。」と逃げ、
弁理士は「刑法は良く分からないんだよなー。」と逃げ、
誰一人として自信を持って断言できる人がいない有様でした。
クライアントから侵害罪について相談されるケースも多いと思うんです。
しかし、こんなお寒い実情で良いのでしょうか?
ちょっとばかり不安を抱いてしまったツカドンでした。

« どうもありがとうございます | トップページ | 刺青 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« どうもありがとうございます | トップページ | 刺青 »