« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

恥ずかしい買い物

本屋さんに行きました。
いつもなら真っ先に向かう法律書のコーナーはスルー。
端末に「コンカツ」と打ち込み、検索開始。
大量にヒット!
でも、「パソコン活用術」とか、そんな本しかヒットしないんだよなー。
とりあえず婚活に関する本を購入した次第です。
しかし、久々に恥ずかしい買い物だったなー。

反響

ブログに婚活を書いたら、思わぬ反響がありました。
アクセス数はアップするし、友人から電話やメールを大量に貰うし。
未婚の友人からは、同じ戦いに参加する仲間としてエールを頂きました。
既婚の友人からは、暖かいアドバイスを頂きました。
みんな、どうもありがとう!
しかし、ここまで応援してもらって結婚できなかったら・・・。

称呼類似、観念・・・完全に不一致

不法滞在しているフィリピン人の家族がいますよね?
カルデロン一家です。
その議論をしてたんですよ。
そしたら、ある人がポロリと一言。
「近親相姦は仕方ないよねー」




強制送還のこと?
言われてみれば、称呼は類似してます。
けど、観念的には、こすりもしませんね(汗)。

続・同時進行は是か非か?

色々調べました。
婚活では同時進行は普通みたいです。
アブハチ・ゲット、二兎追わずんぱ一兎も得ず、ですか。
けど、ボクには無理。
罪悪感で一杯。
やっぱり1人に絞ろうと思います。
択一試験みたい。
選んだ1人が正解だと良いのですが。
もしかして、ゼロ解答だったりして(汗)。

同時進行ってOK?

婚活サイトを通じて知り合った複数の女性とメール交換したり、会ったりしてるわけですが。
どっからが二股になるんでしょう?
ボクの感覚としては、結婚に至るプロセスって、こんな感じだと思うんです(↓)。

お友達・・・特許を受ける権利
恋人・・・補償金請求権
プロポーズ・・・出願審査請求
結婚・・・特許権

参考
不倫・・・侵害
内縁・・・独占的通常実施権

テキトーです。
つっこまないようお願い申し上げます。

で、ボクと女性の方々は、今はせいぜいお友達です。
独占排他性のない特許を受ける権利の段階である以上、二股が成立する余地すらないと解釈可能です。
けど、その一方、何か罪悪感も感じるわけで。
うーん、難題ですね。

意匠vs商標

婚活サイトに美人はいるの?

これ、大勢から質問されました。
ちゃんといますよ。
ただ、以下のような問題点があります。

美人率ですが、現実とほぼ一致します。
顕著に多いわけじゃありません。

それと、美人にはメールが殺到するんで、競争率がアップします。
男性は職業、学歴、年収などのカタログ値により、エントリー段階で無慈悲に選別されます。
これまた現実と同じです。

ちなみにボクも、女性の写真は重視します。
意匠系弁理士という職業柄、視覚を通じて美感を起こさせるか否かは重要・・・というのは冗談。
外見もその人の要素の1つだし、中身と外見は相応の相関関係を持つと考えているので。
それに、その写真をプロフィールに掲載すると判断した論理過程は、その人の人柄を推察する上で重要な判断材料となりうるでしょう。

ただ、結果として美人を選ぶ傾向に陥るのは否めないかもしれません。
でも、女性だってカタログ値で男性の信用度をチェックして足切しますよね?
外観で相手を選ぶ男性と、信用で男性を選ぶ女性・・・この構図、まさに意匠VS商標です。
嗚呼、久しぶりに知財系ブログっぽいオチを付けることができました。

壁紙を新調しました

どうでしょー?
猫って良いですよね。
癒されますよね。

15年目の真実

婚活サイトでは、プロフィールに学歴欄があります。
女性の大半は、無記載か、書いても「某国立大学」「都内私立大学」とボカします。
にもかかわらず、わざわざ大学名を固有名詞で記載する女性の心は?
しかも、その大学がボクの母校だったら?
こ、これは・・・!
「同じ大学の■さんに親近感云々」で始まるメールを出すしかないじゃん!
で、結果は・・・うーん・・・セントラルアタック状態・・・。
しかし、母校の女性とここまで相性が悪いだなんて。
15年前、寂しいキャンパスライフを送った理由が分かりました。

姪に会う

ちょっと前の話ですが、産まれたてホヤホヤの姪に会って来ました。
産婦人科なんて、産まれて以来ですよ。
しかし、制限の多いこと!
消毒しろとか、ダッコ禁止とか。
まー仕方ないですね。
ところで赤ちゃんですが、かなり可愛かったです。
両親も初孫に感動してました。
成長が楽しみです。

婚活市場における弁理士資格の価値

婚活サイトでアポ取った女性と会って来ました。
しかし、そんな彼女の口から思いもよらぬ言葉が。
「弁理士って弁護士と違うんですか?」
ひでぶー!
当サイトで婚活を扱う以上、このテーマは避けて通れないと思っていました。
そう、婚活市場における弁理士資格の価値です。
正直に言います。
過大評価しちゃった(てへっ)。
LECのパンフの読み過ぎですね。





あ、ちなみにお会いした女性ですが、とてもキレイな人でした。
こっちは乗り乗りなんですが・・・。

ツカドン、母校へ帰る

先日、大学の同窓会に出席してきました。
色んな人がいますね。
35歳なのに、22,3歳にしか見えない美人がいました。
聞けばタレント兼モデルだとか。
納得。
他にも代議士とか、某テレビ局のプロデューサーとか、テレビで見かけるスポーツ関係者とか、IT企業の社長さんとか。
華やかだなー・・・、別世界ですよ。

で、驚いたことが2点ありました。

まず1点は、男性のほとんどは既婚なのに、女性のほとんどは未婚ということ。
キレイで、優しそうなのに・・・。
連絡先は教わったので、仕掛けてみますか。

もう1点は、何と婚活サイトで振られた女性とリアルで遭遇しちゃったことです。
気まずいったらありゃしません!
同じ大学、同じ年齢ということでメールを出したわけですが・・・。
凄い偶然です。

いやー、驚きに満ちた1日でした。

それからの婚活

実はネットの婚活サイトに登録したんです。
真面目な出会い系サイトって感じですね。
プロフィールを書いて、お誘いのメールを出して・・・。
で、早速メールしたら、速攻でお断りの返事が!
なんつー早期審査!!
検索して調べると、OK率は10%ないそうです。
そーゆーことは早く言ってよ・・・。
そこで、女友達や職場の女性を婚活参謀として招聘しました。
女性ならではの視点でプロフィールを採点してもらったんです。
論文答練を受けてるみたいですね。
で、15通ほどメールを出し、6名の方から感じの良い返事を貰いました。
結構、良い感じ!
今、メール交換の真っ最中です。
でも、これが意外と大変で。
あて先を間違えてメールを出さないために、包袋管理のように神経を遣っています。
結婚するって大変だったんですね。
既婚の方々を尊敬しちゃいました。
とりあえず、近々、女性の方とお会いする予定です。
ドキドキするなー。

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »