無料ブログはココログ

ツカドンの仲間たち

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

非弁

先日、NHKで特許技術者を紹介する番組が放映されました。
でも、これって思いっきり非弁。
堂々と紹介しちゃって良いんでしょうか?
弁護士の友人に特許技術者のことを話すと、「それって事務員が破産関係の書類を作ってるようなものじゃん!」と驚きます。
実際、今回の番組を見た父や弟も驚いてました(2人とも司法試験に合格してます)。
ボク自身も資格なしで明細書を書いていた時期があったので複雑な気持ちです。
でも、天下のNHKでこんな番組を堂々と放映しちゃうのは、やっぱ拙かったと思うのですが・・・・。

ガンプラの製作代行

最近、ある人から、ガンプラの製作代行を依頼されました。
困った~。

依頼する側としては、「好きなガンプラを作らせて上げるんだし、原材料費はこっち持ちなんだから、ツカドンにとっては良いこと尽くしじゃん!」的スタンスなんですよね。
でも、好きなときに好きなように作るから趣味なんです。
他人の物を作るとなると、納期や責任が発生して仕事になります。

また、弁理士が機械、化学、商標と専門化してるように、ガンプラ・モデラーも1年戦争派、Zガンダム派、SEED派と専門化してます。
ボクはバリバリの1年戦争派です(ついでに言うとジオニストで、ザク大好き人間です)。
OOガンダムなんか知らないし、そもそもガンダムとして認める気なんか毛頭ありません。
そんな物を作れと言われると、ガンダマーとしてのプライドを傷つけられた気がします。

くわえて、ガンプラも含めた模型という趣味の根底には、「自分で作るのが一番」という価値観があります。
製作代行という行為は、そういう価値観を真っ向から否定するものです。
ですので、製作代行を頼まれると、モデラーとしての生き様を否定された気がします。

さらに、ガンプラを1つ作るのには、最低でも20時間以上は必要です。
準備や片づけを入れると、もっと必要になります。
軽く土日×3が吹っ飛びます。
自分の分を作るのも精一杯なのに。

最後に「うちの子供のために作ってね」とは、何と言う言い草でありましょうか!?
卑しくも知財のプロが心血注いで作った美術品が子供の玩具!!
これだから無知蒙昧の輩は嫌いなんです。
無礼討ちにしたいところです。

というわけで、製作代行は常に断ってます。
けど、ガンプラという趣味はマニアックで、その考え方を堅気に伝えるのは非常に難しいですね。
オタク用語バリバリで不満を長々と書いてしまいましたが、分かる人っているのでしょうか?

海へ・・・

Dsc_2227

先日、海に行って来ました。
灰色の空と灰色の海と荒い波が心情的にマッチしちゃう辺りに、ちょっと行き詰まりを感じてしまった次第です。

連邦の白い奴

Dscn2160

台場まで実物大のガンダムを見に行って来ました。
実はまだ公開扱いでなく、柵で囲われてます。
丸見えだけど。
ガンダム放映30周年を記念して建造したんだとか。
30年・・・長いですね、つーか、ボクも年を取ったなー。

大量合格時代?

短答の合格者が1420名!
約4000名が論文を受けるわけですね。
実は今年の合格者数ですが、1000名を超えるという噂があるんです。
会派の活動で聞き及びました。
最初はガセだと思ったんですが、ここに来て俄然リアリティーを帯びて来た感じです。
弁理士会も、大量合格を前提とした新人研修のカリキュラムと予算を組んでるとか。
今年の口述は荒れそうだなー。

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »