無料ブログはココログ

ツカドンの仲間たち

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

1年間、ありがとうございました

今年最後の更新です。
2009年は忙しい年でした。
このご時勢、忙しいのは嬉しい限りですが。
来年は、ワークライフバランスを考えて、仕事とプライベートの両立を図りたいと思います。
それでは、みなさん、良いお年を!

物品を見たら意匠と思え!

ネジ釘の類は5条3号違反で登録を受けられないとばかり思ってたんですが、IPDLで検索すると結構登録されてるんですね。
例えば、登録1355775号の「ボルト」(↓)。

Photo_2

もっと凄いのが、登録1311753号の「可動接触片」(↓)。

1311753_2

おいおい、どーしたんだ、意匠法5条3号!?
まー、少しでも造形の自由度があれば、理論上、意匠法5条3号の適用はないわけです。
だから、こんな意匠も登録になってしまんです。
ところで、こんな脱法行為的な出願をして、意匠の審査官は怒ったりしないんでしょうか?
実は、とある懇親会で、この疑問を意匠審査官にぶつけたことがありました。
そしたら「意匠出願が減ってるんで、むしろ大歓迎っす!」とウェルカム状態!
これには、ボクの方が呆気に取られてしまったわけでして。
本当、実務は奥深い。

不況の風が知財業界にも吹き荒れています。

知人の弁理士数名に当たったところ、どこの事務所も年俸ダウンだそうです。
このご時世、年俸がUPする弁理士は、よほど優秀なんでしょうね。

文系合格者から就職の相談を受けたんですが、今年は壊滅状態です。
そもそも受け皿の事務所ですら、商標系弁理士がダブついている有様ですから。
やっと採用通知を受けたものの、手取り月25万円・賞与なしだったそうです。

リストラもよく耳にします。
知人の弁理士は大手事務所に入ったものの、翻訳に異動です。
他にも、事務に回された人もいます。
いきなり収入を半分以下に減らされた人もいました。

先行きも見えず、合格者がどんどん増える状況が続く限り、冬は続くでしょう。
冬来たりなば春遠からじだと良いのですが・・・。

実務は受験より奇なり

実務と受験のギャップは色々あります。
その中でも一番驚いたのが、意匠の美感の要件です。
この要件、厳しいと思っていました。
ところが、いざ意匠実務に携わると、機能一点張りの意匠も結構登録になってるから驚きです。
例えば、登録1375752号の「回路基板」(↓)。

1375752

美感もクソもありません。
実務は受験よりも奇なり、というわけですね。

GXR

Tada_72a

リコーがGXRを発売しましたね。
レンズと撮像素子と画像エンジンをモジュール化した斬新なデジカメです。
賛否両論が渦巻いていますが、こういう斬新な新製品、ボクは大好きです。
同時に、「オレだったら、こんな意匠出願をしちゃうな」と出願案を考えちゃったりもします。
このカメラ、本体部とレンズ部とに分解できるので、出願案を色々と考えることが可能です。
リコーさん、ボクに仕事をくれないかな~。

結婚の条件

Dsc_7905

銀座にもクリスマスが訪れようとしています。
さて、今日の話題です。
女性が男性に求める結婚相手としての最低条件が、年収600万円、学歴MARCH、身長170センチだそうです。
ところが、結婚適齢期の独身男性の内、これらの条件をクリアするのは1パーセントいないとか。
そりゃそーでしょ。
だって、30歳前後で600万円を稼ぐって、少数派ですよ。
一部上場の社員でも、給料が上がるのはもっと年齢が行ってからでしょうし。
それに、MARCH以上って、同世代の全人口のトップ1割未満です。
しかも、高スペックの男性は既に結婚している確率が高いので、どんどん少なくなります。
特許の場合、条件で限定すれば権利化し易くなりますが、結婚は逆ですね。

三者面談

先日、ボクと所長と父とが一堂に会する機会がありました。
父も知財で食ってる人間なんで、こーゆー場面がありうるとは思っていたのですが。
いざ実現すると緊張するもんです。
中学時代の三者面談を思い出してしまいました。
いやー、マジで疲れた~。

デジカメに1000万画素はいらない (たくきよしみつ著 講談社現代新書)

Dsc_5763

著者曰く、最近のデジカメは無駄に高画素化が進んだ結果、画質が劣化してるとのこと。
小さなセンサーに無理矢理画素を盛り込めば、そりゃ劣化するでしょう。
ボクとしても、コンパクトデジカメの画素数は700万もあれば十分と考えています。
それと、この本を読んで驚いたんですが、デジカメの大半がOEMなんですね。
「デジカメ」はサンヨーの登録商標。
なぜ権利行使しないんだろう?と前々から不思議に思ってました。
サンヨーがOEMでデジカメを供給してる以上、行使するわけないです。
長年の疑問が氷解した瞬間でもありました。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »