« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

もうちょっと待ちます

婚活サイトに再登録して、婚活を再開しようかと思っています。
再びプロフィールを書き始めたんですが、これが面倒。
例えば「家事は公平に分担したいと思います」と書いたら、後々大変なことになりそうです。
まさに包袋禁反言の世界。

また、職業欄に弁理士である旨を記載するのも迷っています。
だって、知財関係の女性からアプローチされるんで。
以前、知財部の女性数人と、メールをやり取りしてました。
「今日はA社の知財部から連絡が来てるな。B社には返事したっけ?」と包袋管理みたいで疲れます。

あれこれ悩んでいたら、婚活が面倒になってきました。
仕事も忙しいし、もーちょっと待ちます(やっぱり)。

カワセミ

Dsc_9147

近所の公園を散歩していたら、カワセミを見つけました。
写真中央に小さく写っているのが、それです。
23区内でも見かけることができるんですね。
何となく嬉しい瞬間でした。

悪魔は再び

昔、尿道結石で倒れたことがありました。
痛いの何のって。
しかも、この病気、治療法がないんですよ。
救急車で病院に運ばれたのは良いんですが、痛みが退くまで寝てただけでした。
一度痛みが退くと、今までの激痛が嘘のようにピンピンしています。
それで終わりです。
10年以上も前の話です。
あれ以来、ずーっと忘れていました。
ところが先日、尿道結石っぽい症状が現れてビックリ。
仕事を休んで様子見をしました。
この病気は、症状が下痢、腰痛と似ているので、取り越し苦労も多いんです。
取りあえずはセーフっぽくて助かりましたが。
健康って大切ですね。

審査官実務研修

先日、審査官の実務研修に参加してきました。
普段は接することのできない審査官とディスカッションできて興味深かったです。
今までに受けた拒絶理由通知について、審査官の立場から深く踏み込んだコメントを頂くなど、かなり有意義な研修だったと感じています。
そういえば、弁理士と審査官の間には、かなり大きな溝がありますね。
弁護士と裁判官なら、共に司法試験をパスし、司法修習所で同じ釜の飯を食った仲なので、ツーカーなところもあります。
でも、弁理士と審査官には、ほとんど接点がありません。
法曹と同じように、審査官も弁理士試験合格者から採用するシステムを考えても良いかもしれませんね。

新人研修

新人研修の意匠の課題を見せてもらいました。
ん?
意匠実務を知らない人にとっては、結構難しいのでは?
「意匠なんて、客から貰った図面を出すだけじゃん」と思っている人には、ちょっとした刺激でしょう。
良く練られていると感じました。

継続研修

弁理士ナビを見てビックリ!
継続研修の認定単位が、たったの3.5しかない!
調べてみたら、外部研修の場合、レポートの提出が必須なんですね(涙)。
出してなかったよ~。
かなり損をしちゃいました・・・。
ところで、単位が足りない場合、どうなるんでしょうか?
資格剥奪? 懲罰的特別研修? 
色んな噂がありますが、まだ何も決まっていないようです。
始末書で済むなら、面倒くさいし受けたくないんですが。

大忙し

仕事始めの1週間が終わりました。
しかし、いきなり連続の深夜帰宅(涙)。
しかも、今から休日出勤です。
効率を考えないといけませんね。

受験生のときは、択一試験を2時間で解いていました。
また、論文試験も特許は100分、意匠・商標は70分で書いていました。
制限時間をフルに使うより短い時間で一気に回答する方が、点数が良かったんです。

同じように、仕事も短時間で素晴らしく仕上げたいと思います。

あけましておめでとうございます

532

みなさん、お正月をいかがお過ごしでしょうか?
ボクは、持ち帰った仕事をやっています。
受験生のときは、忙しそうな弁理士を眺めては「充実してて良いな」と羨ましがっていました。
早くそんな身分になりたいと心底願ったもんです。
でも、実際になってみると、大変ですね。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »