« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

NHKドラマ「坂の上の雲」第2部

296912

面白かった~。
でも、原作は嫌いなんです。
司馬氏の偏見や脚色が、どうにも好きになれなくて。
けど、ドラマは良かったですね。
VFXのレベルが高い!
戦争映画の主人公はカッコいい戦艦や大砲などの兵器です。
そんな兵器をCGで上手に再現していました。
連合艦隊のシーンなんか、「男たちの戦艦大和」を凌駕しています(上の画像です)。
こんな素晴らしいシーンをドラマで拝めるだなんて、良い時代になったもんです。
203高地や日本海海戦が楽しみですね。
ただ、第3部は2011年の12月に放映。
1年待たされるのは正直辛いかも。

イルミネーション

Dsc08355

せっかくの休日ですが、やむなく出勤。
年末だから仕方ないですね。
でも、皇居のライトアップを目撃できたので元は取れました。
キレイなもんです。
しかし、忙しーなー。
早く正月になってほしいです。

SPACE BATTLESHIP ヤマト

やっと見てきました。
オープニングからヤマト発進までは凄く良かったです。
でも、その後の展開が・・・。
まー、全体としては及第点だとは思います。
邦画でSF大作を作っただけでも意義があるでしょう。
そりゃー、ツッコミを入れ始めると限がないけど。
割とお薦めです。

バブー

義兄夫婦に赤ちゃんが産まれたので、お見舞いしてきました。
小さくて可愛かったです。
驚いたことに抱っこさせてもらいました。
弟夫婦に赤ちゃんが産まれたときもお見舞いしたのですが、病院によってスタンスが全然異なりますね。
弟夫婦のときは、手を消毒して、白衣を着て、マスクとキャップを被って、特別室にて初めて赤ちゃんと対面できました。
で、抱っこは親限定です。
けど、今回はそんなの一切なし。
普通に赤ちゃんを抱っこできました。
病院によって、ここまで違うもんだとは。
特許事務所も同じように個性があるでしょうね。

坂の上の雲

NHKドラマ「坂の上の雲」の「日英同盟」と「子規逝く」を鑑賞。
面白いですね。
一番驚いたのが映画レベルのVFX。
荒波を突き進む戦艦にビックリ。
CGも大いに進歩したもんです。
来週の「日露開戦」が楽しみ。

女子大生マイの特許ファイル(稲森謙太郎著・楽工社)

Dsc_8128

弁理士にして科学技術ジャーナリストの稲森謙太郎氏に「女子大生マイの特許ファイル」を頂きました。
「楽しくわかる特許入門ノベルス!」だそうです。
言われてみれば、一般向けの分かりやすい特許の本ってなかったですよね。
さっそく、読ませて頂きます!

時計詐欺

家に帰る途中、信号待ちをしてたときの話です。
車から「すいませーん」と声をかけられました。
道を聞かれたと思ったんですが。
「これ、もらって下さい」と腕時計を持ち出すじゃないですか。
怪しー!
「結構です」と退散した次第です。
ネットで調べたら、時計詐欺というらしいですね。
「販売会を開いたが時計が余ってしまった。
このまま持って帰ると社長に怒られる。
30万円はする高価な時計だ。
あなたもただで貰うのは気が引けるだろうから、飲み代ぐらいは払ってくれ」と言ってくるとか。
もちろん、時計は安物。
被害額は平均して1万~2万円だそうです。
何という昭和臭!
オレオレ詐欺で1000万円騙し取られたとか殺伐なニュースばかりの現在にあって、何ともホノボノとした犯罪ではありませんか!
貴重な体験をさせて頂きました。

見学会

昨日、事務所見学会だったんですが。
見学者の方数人から「ブログ、見てますよ」と言われてビックリ。
見てる方、意外と多いんですね。
当ブログの1人のユニーク・アクセス数は約100人です。
そのほとんどは同じ業界でしょう。
となれば、リアルで遭遇する率もそれなりに高くなるわけです。
うーむ、発言に気をつけないと。
ところで、昨日、うちの事務所を見学して下さった皆様、どうもありがとうございました。

小野小町

Dsc_7939

結婚のお祝いに色々と頂いたのですが。
ちょっと反応に窮する物も。
それがこれです。
小野小町の色紙(じゃーん!)。
式を挙げた神社から頂いたんですが、実用性、完膚無きまでにゼロっす。
さて、如何に有効活用しましょうか?
うーん。

Dsc08250

事務所の旅行で群馬に行って来ました。
無茶苦茶寒い!
写真を見て下さい。
霜です。
久しぶりに見ました。
いよいよ冬ですね。

世の中狭い

先日、嫁が、嫁の友人に結婚報告をしたんです。
そしたら、「その人って、もしかしてツカドン?」と返されたとか。
鋭いっ!
その友人は同じ特許業界の方らしいのですが、それでも凄いです。
このブログ、意外と多くの方に読まれてるのですね。
書く内容に注意しないと。

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »