無料ブログはココログ

ツカドンの仲間たち

« 見学会 | トップページ | 女子大生マイの特許ファイル(稲森謙太郎著・楽工社) »

時計詐欺

家に帰る途中、信号待ちをしてたときの話です。
車から「すいませーん」と声をかけられました。
道を聞かれたと思ったんですが。
「これ、もらって下さい」と腕時計を持ち出すじゃないですか。
怪しー!
「結構です」と退散した次第です。
ネットで調べたら、時計詐欺というらしいですね。
「販売会を開いたが時計が余ってしまった。
このまま持って帰ると社長に怒られる。
30万円はする高価な時計だ。
あなたもただで貰うのは気が引けるだろうから、飲み代ぐらいは払ってくれ」と言ってくるとか。
もちろん、時計は安物。
被害額は平均して1万~2万円だそうです。
何という昭和臭!
オレオレ詐欺で1000万円騙し取られたとか殺伐なニュースばかりの現在にあって、何ともホノボノとした犯罪ではありませんか!
貴重な体験をさせて頂きました。

« 見学会 | トップページ | 女子大生マイの特許ファイル(稲森謙太郎著・楽工社) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 見学会 | トップページ | 女子大生マイの特許ファイル(稲森謙太郎著・楽工社) »