無料ブログはココログ

ツカドンの仲間たち

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

ワシントン

2011070312_013 合格、就職、結婚・・・。
このブログのテーマですが、いずれも高い満足度で実現されています。
ということで、次の目標を掲げます。
ワシントンでアメリカ意匠実務を勉強し、本を1冊書けるぐらいの知識を持ち帰るぞ!
ニッチな分野ですが、知ってれば強い。
結構な売りになるはずです。
アメリカでデザイン・パテントを出願する予定の方は、是非、ツカドンにご相談下さい。
(あ~あ、言っちゃった。
たった、3ヶ月間の研修なのに。)

盆踊り

201107030_041 盆踊りに行って来ました。
浴衣姿の子供を見ると胸がキュンとなりますね。
近い将来、自分の子供と一緒に盆踊りに来たいもんです。
しかし疲れたな~。
この時期は毎年忙しい。
おまけに暑いし。
職場の温度ですが30度を超えてます。
あーあ。

金魚祭り

201107024_010

近所の公園で、金魚祭りが開催れていました。
江戸川区って、金魚の養殖日本一だったりします。
地味に凄いんです。
祭りは大盛況でした。
金魚掬いだけでも長蛇の列ですよ。
でも、良い思い出になりました。
もうすぐ引越です。
ありがとう、西葛西。。
振り返れば良い思い出ばかり。
初めての一人暮らし、新婚生活・・・中年の青春時代でした。
新天地では、もっと幸せになる予定です。

英会話教室

201107021_002
英会話デビューしました。
産まれて初めての経験です。
ただ、割とスムースに進んだ感じ。
日常生活なら全く問題のないレベルだそうです。
「初めての論文模試で56点でした」的な手ごたえを味わったつもりですが、どうでしょうか?
ま、営業的には褒めるのが常道でしょうけど。
ただ、取調室みたいなところで2時間近くも閉じ込められると、ちょっと疲れるかも。
あと、お金が高い。
これ、続けるのは大変ですね。

引越

引っ越すことになりました。
今度は嫁さんの実家近くです。

ところで今回、某不動産屋さんを利用したのですが。
仕事、きつそー・・・。
聞けば、ほとんど休んでいないし、朝から晩まで働いてるし、ノルマも大変な感じ。
しかも、妙に軍隊系のノリだし。
これに比べりゃ、特許事務所なんて天国です。
自分って恵まれてるな~。

デッドコピーは和製英語?

20110709_141

最近、英語の知財サイトを読み漁っているんですが。
デッドコピーという言葉が出て来ません。
“dead copy”でグーグル検索すると、日本語のサイトにしかヒットしないし。
じゃあ、「ほとんど同一の模倣品」って、英語で何て言うんでしょう?
探してみると、“copy cat”という表現がありました。
“free-riding copy cat”とか“Chinese copy cat”といった具合で結構使われています。
でも、この表現、泥棒猫みたいなニュアンスで過激っぽい。
ネイティブの前では使わない方が無難?
あと、猫に失礼ですね。
ネイティブとの会話では、“almost same imitation product”とでも言っときますか。

論文試験

Dsc_3524

国学院大学のキャンパスに行って来ました。
受験生の嫁さんを送って来たんですが。
コンビニのおばちゃんから「弁理士試験を受けるの?」と聞かれました。
納富先生から激励されました。
予備校のバイトからパンフ渡されました。
傍目には、思いっきり受験生してるんでしょうね。

ところで、今、問題を見てるんですけど。
意匠法の問題1が厄介です(↓)。

(1)意匠制度により意匠を保護することの意義について説明せよ。
(2)意匠権の取得により期待される利点を2つ挙げ、説明せよ。
(3)権利行使をしやすい意匠権を取得するために意匠法独自の制度を2つ挙げ、それぞれの制度の趣旨と権利行使をしやすい理由について説明せよ。

(1)は青本の意匠法1条の趣旨を書けば良いんでしょうか?
(2)は独占実施と第三者の排除でしょうか?
(3)は部分と関連かな~?
何つーか、いくらでも答えようがあるため、受験レベルでの落とし所を探すのに難儀します。
しかし、これで配点50点はありえないかも。
本試って常に変化球が混じるから困りますね。
受験生の皆さん、何はともあれお疲れ様でした。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »