« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

コクリコ坂から

宮崎吾朗が監督と聞いて不安でした。
天下のジブリが、老舗の特許事務所みたいなことして良いの?みたいな不安です。
でも、見てビックリ。
丁寧に作りこまれた良作です。
映画的なカタルシスはないけど、シンミリと来ます。
「耳をすませば」が好きな人にはお薦めです。

デザイン・パテント

20110806_001 アメリカの知財実務の本を読んでいます。
すげー斜め読みですが。
そしたら、「英語だと、こー表現するのか!」的な便利さが満載。
早速、現在作成中のFAQに反映させています。
ただ、残念なのがデザイン・パテントの扱いの軽さ(涙)。
こんなに分厚いのに、僅か2、3ページだけ!
デザイン・パテントって、日本の実案的な存在なんでしょうね。

偵察

201108062_040 引越先を覗いて来ました。
最初に見たときはボロボロだったんですよ。
煙草で焦げた跡、ヤニで真っ黄色になった壁、割れたガラス・・・荒んでいました。
小さいお子さんのいる家庭だと聞いたんですが、こりゃグレるって。
不動産屋さんの「リフォームしますから」を信じて契約しちゃったんです。
他の条件は凄く良かったんで。
でも、ちょっと不安なので、偵察して来た次第です。
キレイになってました。
良かった~。
これで安心して引っ越せますね。

意匠法における訂正審判

現在、意匠のQ&A集(英語版)を作成中です。
一応、ネイティブにチェックしてもらっています。
ところが、ここで突っ込まれました。
「意匠の訂正はほとんどが要旨変更になるので、日本の意匠法は訂正審判を認めていない」を英訳してチェックしてもらったんです。
そしたら「だからって全く認めないってのは変。USのアトーニーは、ここを鋭く聞いてくるよ!」だそうです。
青本通りに回答しているのに・・・ボクは悪くないのに・・・。
でも、確かにそうですね。
特許庁さん、意匠法を改正して下さい。

地球の歩き方

2011070312_017 「地球の歩き方 ワシントンDC」を買いました。
そしたら、航空機博物館の解説が妙に詳しい。
1機毎に詳細に解説しています。
しかも、36ページもかけて。
これ、航空機マニアの人が書きましたね。
ボクのアンテナがキャッチしました。
でも、ツカドン以外に誰が喜ぶのでしょうか?
ターゲッティングが謎です。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »