« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

アパート

135

ボクが滞在しているアパートの写真です。
豪華でしょ?
ボクも驚きました。
室内プールやフィットネスルームや売店もあるし、受付にはコンシェルジュもいます。
ホテルみたいです。
最初にアパートと聞いたときは、トキワ荘かメゾン一刻みたいなものを想像したんですが。
アメリカって裕福ですね。

メトロに乗って

Us201109230002

事務所までの通勤経路を下見しようとメトロに乗ったんですが。
別の路線に乗ってしまい、まったく知らない駅に行ってしまいました。
おまけに終点で降りはぐれて、格納庫みたいなところで車内1人ぼっちで過ごす羽目に。
しばらくしたらメトロは駅に戻ったんですが、そこからが大変です。
別の路線に乗り換えたら、どうもガラが悪い。
客層は貧乏臭いし、ビルは落書きだらけだし、車両も駅も汚い。
無事に事務所の位置を確認できたものの、本当なら40分弱で行けるところが2時間30分もかかってしまいました。
もう少し慣れてから下見した方が良かったですね。

スミソニアン航空宇宙博物館とUSデザインパテント

弁理士の視点からスミソニアン航空宇宙博物館を紹介できないものかと、USデザインパテントを調べてみました。
そしたら、航空機や宇宙船の登録例が結構あるじゃないですか。

まずはB747。
写真は前回紹介したので、今回は省略です。

089_3

次にベルX-1。
初の超音速機です。
「ライトスタッフ」という映画にも登場してました。

021 088_3

そしてスペースシップワン。
初の民間宇宙船です。

020

086

さらにP-80シューティングスター。
アメリカ空軍の初期のジェット戦闘機です。

117 090

最後にダークスター。
アメリカ軍の無人航空機です。

072 087

なお、最近は無人航空機の登録例が増加しているようです。
USPTOでちょっと検索しただけでも、大量の登録例を見つけることができました。

085

冷戦の終結により軍用機の開発は先細りですが、唯一、無人航空機だけは成長が見込まれています。
無人航空機には、パイロットを失うリスクがないので危険な任務に投入しやすく、また生命維持のための装置を搭載する必要がないのでコストが安いというメリットがあるからです。
登録例からもミリタリーの世界を垣間見ることができるんですね。

スミソニアン博物館

Us201109230015

アメリカに慣れるためにスミソニアン博物館に行って来ました。
そしたら「初めてのお使い」状態(涙)。
まずは信号。
どのタイミングで進んで良いか分かりません。
次に地下鉄。
真っ暗で何も見えません。
そしてスミソニアン駅。
広くて何が何だか分かりません。
でも不思議。
ちゃんとスミソニアン博物館に行けました。
アメリカって不親切だけど、最低限のことはやってるんですね。
ちなみに写真はジャンボジェット機です。
さすがのスミソニアンも、ジャンボジェット機をまるまる展示することはできなかったようで首だけです(つーか、どーやって博物館に入れたんだろ?)。
マグロの兜焼きみたいですね。
スミソニアン博物館の詳細については、後日、アップしたいと思います。

もしも旅の道連れが女子高生だったら・・・?

020_2

とりあえずアメリカに着きました。
初の海外旅行だから分からないことだらけ。
飛行機の中では、シートの倒し方やビデオの使い方が分からず、軽くパニックです。
そしたら、隣の若い女性が色々と教えてくれました。
そこでちょっと雑談したら、何と高校生と仰るではありませんか!
どひー!
嬉し恥ずかしアラフォーのツカドンでした。

スポーツコート

038
渡米の準備を進めています。
そんな中、駐在予定の事務所のアトーニーから突然の連絡が入りました。
「うちはノースーツ、ノーネクタイなんだ。
ボクはスポーツコートを着ているよ」
スポーツコート?
ジャージのこと?
体育の先生みたいですね。
このアトーニーですが、インテリかつ真面目な雰囲気なので、かなりの違和感です。
と思ったら、普通にカジュアル・ビジネスのことじゃねーか!
持ってねー!!
というわけで、急遽、ショッピングです。
渡米ってお金がかかりますね。

そろそろ出発です

065

そろそろアメリカに旅立ちます。
というわけで、日本の空ともしばしのお別れ。
記念に事務所からの眺めの画像でも貼っておきます。
ところで、駐在してる間は、事務所の「続・DC弁理士ジャーナル」という事務所のブログも更新することになってます(下記のURLのリンク先です)。
そこで、ネタに応じて棲み分けをします。
お客様が読んでも大丈夫なネタについては、事務所のブログにアップします。
一方、珍道中的なネタについては、ツカドン・ブログにアップします。
そういうわけですので、3か月の間は、ツカドン・ブログに合わせて、事務所のブログも覗いて下さい。

http://dc2patent.jugem.jp/

恐竜消しゴム

1621

恐竜の消しゴムをゲットしました。
結構リアル。
中々の存在感なんですが、カラーリングが残念です。
真っ赤に真っ青と無駄に派手。
色もアイボリーとか、造形に合わせてリアルに攻めてほしかったです。
でも、面白い消しゴムだから良いか。

ついでなので恐竜系の消しゴムを紹介しときます。
恐竜図鑑消しゴムです。
小さな恐竜フィギア付きです。
こいつも消しゴムです。

173

化石消しゴムです。
使い終わると骨だけ残る“発掘”ギミックとなっています。

187

小さな恐竜消しゴムを崩れないように組み立てるパズル的な消しゴムです。
開封すると紛失するので、パッキングしたままに永久保存の予定です。

183

サザエさん

英会話教室で『サザエさん』の話になりました。
先生によれば
「ストーリーはいつも同じ。
なぜ毎週見るんだい?」
だそうです。
英語が達者なら
「日本人にとっての『サザエさん』はアメリカ人にとっての『トムとジェリー』みたいなものさ。
ワンパターンだからこそ毎週安心して楽しめるんだよ」
と説明したんでしょうが、咄嗟には出て来ないんです(涙)。
サザエさんを英語で説明できれば、日本文化を上手く外国人に紹介できるのに。
例えば、登場人物の名前が海に由来しているのは、日本が海洋国家であり魚食文化だからだとか(でも、マスオは淡水魚ですね)。
英語力をもっと鍛えないと。

ESTA

ESTAを申請しました。
しかし、ケッタイな質問ばっか。
「淋病ですか?」って聞かれて「Yse」と答えるバカ、いるんでしょうか?
「ナチスに協力したことはありますか?」みたいな質問もあります。
まだ生まれてないってば(笑)。
ドイツ軍の戦車のプラモとか沢山作ったけど、これはセーフでしょう。
このESTA、テロ対策のようですが、本当に役に立ってるのでしょうか?

英語で映画を語る

渡米を目前に、近所の英会話教室に通ってます。
カフェ・スタイルのオシャレな英会話教室です。
先生がボクと同年代の映画好きなんで、話題には事欠きません。
先日もホラー映画について盛り上がりました。
20年前のイギリスでは「エクソシスト」が発禁だったんで、違法複製したVHSを密輸入してやっと見たとか、
「遊星からの物体X」を見たときはリアルなモンスターにビックリしたねとか、
そんな話題です。
英会話って共通の話題さえあれば、どーにでもなるもんですね。
ちょっと自信がつきました。

ブログ再開

どうもお久しぶりです。
引っ越したらネット接続に手間取ってしまって。
やっと開通した次第です。
というわけで、ちょっと近況報告です。

新天地は神奈川県某所です。
買い物も便利で住みやすい街です。

935_2

高台から都心をのぞめます。
夜景がきれいです。

965

緑も豊かです。

970

ネットも開通したし、ブログを再開したいと思います。
これからもツカドン・ブログをよろしくお願いします。

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »