無料ブログはココログ

ツカドンの仲間たち

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

永遠の0(ゼロ) 百田尚樹 講談社文庫

零戦が出てくるベストセラー小説ということで手に取ったんですが。
正直、言われるほど感動的かな~?と頭を傾げてしまいました。
ただ、バランスは良いです。
この点の反戦小説って、書き手の価値観の押し売りが五月蠅かったりするんですが、本書にはそれがありません。
戦争を知らない世代でも、すんなりと入って行ける舞台装置も嬉しい。
ミステリー仕立てなんで、娯楽小説としても楽しめます。
これ、映像化したら面白そう・・・と思ったら、すでに映画化決定済みなんですね。
ちなみに配給は東宝。
もしかして、「零戦燃ゆ」以来の東宝製戦争映画?
大いに期待ですね。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »