« 読書備忘録2013 その3 | トップページ | 読書備忘録2013 その5 »

読書備忘録2013 その4

怪獣記 高野秀行著 講談社
怪獣探しの冒険旅行を綴った本。
タイトルからオカルト本と誤解する人もいるかもしれないけど、さにあらず。
辺境探検の魅力を凝縮した楽しい本です。
著者の生き様が羨ましい。

日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」 水谷竹秀著 集英社
女の子を追いかけてフィリピンに渡ったはいいけど、結局は捨てられ、帰国しようにも帰国できずに放浪する日本人を扱ったノンフィクション。
揃いも揃ってクズばかり。
けど、それがゆえに感情移入しちゃうみたいな。
自分だって、いつどーなるか分からないわけだし。
切実な本でした。

これで2013年度に読んだ本は、現時点で小説2冊、ノンフィクション11冊、漫画4冊の合計17冊になりました。

A record of a monster
Author: Hideyuki Takano
Publisher: Kodansha
This is a book on a search for a monster.
I think somebody misunderstands that this book is written about the supernatural.
But, not so.
This is a wonderful book about a condensed appeal of a frontier adventure.
I am jealous of the author’s life style.

Men who abandoned Japan [Poor Japanese in Philippine]
Author: Takehide Mizutani
Publisher: Shueisha
This book is a non-fiction about poor Japanese men who went to Philippine to chase girls.
They are idiots!
But, I feel so close to them.
I can’t guarantee that I am not same as them.
This book is very serious.

I have read two novels eleven non-fiction book and four comics, total 17 books in this year.

« 読書備忘録2013 その3 | トップページ | 読書備忘録2013 その5 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 読書備忘録2013 その3 | トップページ | 読書備忘録2013 その5 »