« 手足口病 | トップページ | 読書備忘録2013 その7 »

読書備忘録2013 その6

★ワセダ三畳青春記 高野秀行 集英社
辺境ライターとして有名な著者の青春を綴った自伝(私小説)です。
著者と同じ早稲田出身のボクにとっては、お馴染みだったお店や地名が出てきて懐かしいったらありゃしません。
思えばボクも司法浪人として社会から逸脱した生き方をしてたんですよねー・・・。
この本には司法浪人の変人であるケンゾウさんなる人物が登場しますが、自分と重ねて読んでしまいました。
笑えて、それでいて切ない青春の記録です。
素晴らしい本を読ませて頂きました。

★オカルトの帝国 一柳廣孝 青弓社
オカルトブームを切り口に1970年代を語る本です。
1970年代はオカルトが元気でしたね。
夏休みは「あなたの知らない世界」が楽しみだったし、「恐怖の心霊写真集」や「恐怖新聞」をワクワク、ドキドキしながら読んだもんです。
で、期待して読んだんですが、この本、中身がない(涙)。
着眼点は良いのに、全てが上滑りしてるみたいな。
ちょっとガッカリです。

★ゼロ 片野ゆか 集英社
犬猫の殺処分をゼロにした保健所のノンフィクション。
凄いってことは分かるけど、全ての展開が読めてしまうので、そんなには楽しめませんでした。
ノンフィクションにも意外性が欲しいですね。

★ターン 北村薫著 新潮社
SF? ファンタジー?
タイムスリップのような違うような。
ただ、凝った文体や設定の割りには、どこか甘いところがあり、中途半端な印象。

★未来日記 全12巻 えすのサカエ 角川書店
未来を映し出す日記を持つ12人が互いに殺し合うバトル漫画。
勝ち残った人間は次期の神様になるという設定です。
でも、単純な勝ち抜きストーリーじゃないのがポイントでしょうか?
最後は複雑なんで、丁寧に読まないと混乱します。
割と面白いです。

★人間仮免中 卯月妙子 イーストプレス
本屋さんのおススメコーナーにあったので衝動買いしました。
ほのぼの日常エッセイ漫画だと思ったら、統合失調症を患ってる元AV女優の半生を描いた自伝漫画で、とにかく壮絶な内容。
普通の人が読んだら、ドン引き確実です。

これで2013年度に読んだ本は、現時点で小説6冊、ノンフィクション17冊、漫画32冊の合計55冊になりました。

« 手足口病 | トップページ | 読書備忘録2013 その7 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 手足口病 | トップページ | 読書備忘録2013 その7 »