« 2013年2月 | トップページ | 2013年5月 »

読書備忘録2013 その8

★「9番目の戦車」 ときたひろし著 PHP研究所
戦車が主人公で、作者は元刑事の異色の絵本。
主人公は、9人兄弟の末っ子である95式軽戦車のタンクローです。
ちなみに次男のタンジ兄さんと三男のタンザブロウ兄さんは「とても強い戦車だったけど、前の戦いでおとりになったまま帰って来ない」のだそうです(絵本なのにシビアだなー)。
そんな9人兄弟が駐留する南の島に米軍が上陸してきて・・・というお話になっています。
絵本的には、戦車の兄弟愛を描いたり、敵戦車との友情が芽生えたりと、押さえることろは押さえてる感じ。
ただ、リアルな描写の戦車が「俺を踏んで乗り越えて行け!」と叫ぶあたり、少年ジャンプっぽいノリです。
機関車トーマスみたいに擬人化すれば良いんでしょうけど、まずはリアルな戦車を描きたかったんでしょうね。
ちなみに定価は1300円ですが、絶版となった現在、プレミア値で取引されているそうです。
ところで、この絵本には旧日本軍の突撃戦車が登場するんですが、ボクはこいつを知りません。
これ、何なんでしょ?

★「ミャンマーの柳生一族」 高野秀行著 集英社文庫
軍政下のミャンマーのルポタージュ。
ミャンマー軍事政府を江戸幕府に、諜報機関を柳生一族に喩えることで、分かりやすく、かつ面白おかしく現状を説明しています。
文章も軽妙だし、この著者は本当に面白い。
ハズレがありませんね。

★「B-29 日本爆撃30回の実録」 チェスター・マーシャル著 ネコパブリッシング
B-29搭乗員の視点から見た日本爆撃の記録です。
余裕綽々で爆弾落としてたと思ってたんですが、割とビビッてたんですね。
親友の乗ってる機体が炎に包まれるのを見て落胆するあたり、ああ、同じ人間なんだな、と思ってしまいました。
しかし、勝者ってのは羨ましいもんです。
あれだけの市民を虐殺しといて英雄扱いですから。
複雑な心情を抱いてしまいました。

★「幕府軍艦回天始末記」 吉村昭著 文春文庫
函館戦争の顛末を描いた歴史小説です。
相変わらず冷徹かつ客観的な筆致ですね。
ただ、他の吉村昭作品と比べると、少し物足りなさを感じました。

これで2013年度に読んだ本は、現時点で小説8冊、ノンフィクション23冊の合計31冊になりました。
漫画は計上しないことにしました。
無駄に数を上げるんで。

烈風改

烈風改の設計図が見つかったとのニュースがありました。
ほとんどの人は分からないと思うんで、ここで説明しましょう。
烈風改とは、零戦の後継機のことです。
零戦がザクならゲルググみたいなもんですね。
ますます分からなくなったところで、雷電がグフ、紫電がドム、紫電改がリックドム、二式水戦が水陸両用ザク、富嶽がビグザムです。
話を戻すと、これ、マニアにとってはそれなりのニュースなんですが、どうにもときめきません。
最近は仕事が優先で、趣味なんか二の次ですからねー。
特に3月は忙しかったし。
それに子供と遊ぶ方が楽しかったりするし。
マニアな趣味とも疎遠となりました。

読書備忘録2013 その7

★怪しい天守閣(イカロスムック)
★精神を切る手術 脳に分け入る科学の歴史(橳島次郎著 岩波書店)
★超合金の男 (小野塚謙太著 アスキー新書)
★事故物件に住んでみた (森史之助著 彩図社)
★PLUTO (全8巻 浦沢直樹著 小学館)

「精神を切る手術」は結構良かったんですが、他は可もなく不可もなくって感じ。
よって、今回は感想を省略します。
これで2013年度に読んだ本は、現時点で小説6冊、ノンフィクション21冊、漫画40冊の合計67冊になりました。
実は最近忙しくて、感想を書いている精神的余裕がないんですよ。
意匠セミナーのパワポ資料を作ってるんですが、もう150ページを超えました。
半分も作ってないのに・・・完成するんでしょうか?

« 2013年2月 | トップページ | 2013年5月 »