くっさー

夏の赤ちゃんって、想像した以上に臭かったりします。
とにかく汗臭いんです。
お風呂に入れて、洗濯した小奇麗な服を着せて、そして10分もすると・・・もー臭い。
ちょっと前まではミルクの香りがしたのに、今や生物感溢れるリアルな臭いにタジタジです。
布団は汗でしっとりしてるし、赤ちゃんの汗、侮りがたしです。
これは脱水症状にも要注意ですね。

鼻水

子供が風邪を引いて、鼻水で窒息状態です。
途方に暮れたボクは、乾坤一擲とばかりに口で吸い出す作戦に出たんですが(ソースは「風の谷のナウシカ」で、ナウシカが腐海の毒に侵されたトルメキア兵の血を吸い出すシーン)。
けど、カチカチに凍ったクーリッシュみたいで、あまり出てこない。
しかも、驚いた子供はワーワー泣くし、全てが裏目に出る始末。
こーなったら意地ですよ。
冷静に策を練りました。
実は我が家に鼻水取器があるんですが、機械音痴のボクには荷が重すぎたので却下。
掃除機の先っちょに細かい管を付け、強力な吸引力で吸い出すことも考えたのですが、勢い余って脳味噌も吸い出しかねないので却下。
引いてダメなら押してみようと、ガンプラ塗装用のコンプレッサーで鼻水を押し込んでみようとも考えたのですが、グレそうなので却下。
これはね、もうサザエの壺焼き状態ですよ。
日本人なら誰もが、温泉宿でサザエの壺焼きの中身をほじるのに全身全霊を投入した経験があると思います。
取り出した瞬間は「やったー!」と狂喜乱舞するわけですが、いざ口に入れると「にげー。そーいや、そんなに好きじゃなかったな」と冷静さを取り戻すじゃないですか。
あんな感じで、もはや鼻水を取ることが目的と化しており、本末転倒の極みなんですわ。
結局、鼻水ズーズーのまま放置したわけです。
まー、脳味噌失うよりはマシでしょうし。
鼻は丹下段平みたいになっちゃったけど。
ちなみに子供の鼻水を少量とはいえ吸ってしまったボクは、子供から風邪をうつされたのでした。
子供から大人に病気ってうつるんですね・・・知らなかった・・・。

母の日

015
5か月の息子が保育園デビューしました。
割と馴染んでいる様子。
軽くショックかも。
パパとママじゃなくても良いんだ~みたいな。
つーか、そもそも区別してない、いや、できてないっぽい。
息子的には「今日は抱っこが上手いな~」とでも思ってたりして。
ちなみに画像は、そんな息子から嫁さんへの初のプレゼントです。
自発的なプレゼントじゃないんですけどね。
連絡帳でも「なんで、こんなことさせられるんだ、みたいな顔でした」と暴露されてるし。
それでも妻的には嬉しかったようです。
初めての父の日が楽しみ。

比較対象図

Photo
子供が自分に似ているって、そんなに嬉しいんでしょうかね?
ボクとしては、自分のコピーには興味ありませんでした。
しかもボク自身、父親にそっくりで、授業参観では一目で親子関係がばれてしまい、子供心ながらに恥ずかしい思いをしてたわけでして。
ところが、息子が自分に似ていると、これが妙に嬉しかったりします。
ちなみに上の画像ですが、左がボク、右が息子です。
親バカかもしれませんが、似てますよね!?

帰国

Dsc_1392

帰国しました。
息子との初対面も無事に終了です。
可愛いもんです。
ただ、時差ボケと子育てで少しグロッキー。
大人しい子なのでそんなには負担じゃないはずですが・・・。